Dinosaur Jr.(ダイナソージュニア)/『Where You Been』(1993)

USオルタナティブ
画像出典:Official Facebook Page for Dinosaur Jr.
スポンサーリンク

破壊的轟音から爽やかサウンドまで、幅広いギターアルバム!

概要

2016年にDinosaur Jr.のJマスキス本人がバンドの歴代アルバムを自らランクづけした。

ダイナソーJr.のJ・マスシスがバンドの歴代アルバムを自らランク付け - amass
ダイナソーJr.のJ・マスシスがバンドの歴代アルバムを自らランク付け。VICEの音楽チャンネルNoiseyがシリーズ展開している企画「RANK YOUR RECORDS」より 

今回紹介する5thアルバム『Where You Been』は3位にランクイン。

ちなみに前回紹介した『Bug』は最下位...

このアルバムからは実質Jマスキスのソロアルバムと言っても過言ではない。

なぜなら1988年に『Bug』を発表後、ベーシストのルー・バーロウが脱退。

続く1991年に『Green Mind』発表後、ドラマーのマーフが脱退。

オリジナルメンバーがJマスキスひとりになってしまった。

しかし本作は従来のギターサウンドをそのまま進化させた上に、ピアノやストリングス・女性コーラスの導入等の様々な試みが見られるおすすめのアルバムだ。

おすすめの曲

Out There

本アルバムの1曲目、トップバッター。

Dinosaur Jr.はどのアルバムも1曲目に名曲を持ってきてくれる。

まさしくオルタナ界の山田哲人!

・・・あまりピンと来なさそうな例えで申し訳ない。

この曲は最初の破壊力満載リフから興奮させてくれる。

リフが盛り上がったところでギターソロに突入!

他のオルタナティブロックバンドでは珍しすぎる曲構成。

PVは雪山の断崖絶壁の上で一人ギターを弾ているところから始まる。

GLAYの「Winter Again」の元ネタ?まあ絶対違うが・・・

その後は夜の雪山で大勢が焚火を囲んで踊り狂っている。

なんじゃそりゃって感じだが、こんな映像なのにしっかり曲にマッチしている。

Start Choppin

本アルバムの2曲目。

はじめのキャッチ―で爽やかなクランチギターのカッティングがたまらない。

ギターが趣味の人なら今すぐにでも弾いてみたくなるようなフレーズ。

ギターソロも轟音でもあるが心地よい音色になっている。

また曲の最後はギターソロがフェードアウトして終わる...

まだギターを聞いていたいのに...とこの曲をかけるたび思ってしまう。

この曲はシングルカットされバンド史上最高のシングル売り上げを記録した。

What Else Is New

本アルバムの3曲目。ラブソング。

ディストーションギターではあるけど音色が爽やかなギターソロから始まる。

ラストパートはアコースティックギターをかき鳴らし、どこか寂し気に歌う。

歌が終わってもギターは続きストリングスの音が入ってくる。

今までのDinosaur Jr.にはなかったアレンジだ。

Get Me

本アルバムの6曲目。

バンド史上指折りのバラードナンバー!

秋から冬に変わるときの憂鬱な気持ちを泣きのファズギターで表現。

PVもこのバンドにしてはまともになっている…

トラックリスト

*太字はおすすめの曲、赤色マーカーは上で紹介した曲。

  1. Out There
  2. Start Choppin
  3. What Else Is New
  4. On the Way
  5. Not the Same
  6. Get Me
  7. Drawerings
  8. Hide
  9. Goin Home
  10. I Ain’t Sayin

【中古】 ホエア・ユー・ビーン /ダイナソーJr. 【中古】afb

価格:500円
(2021/2/15 19:05時点)
感想(0件)

外部リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました